読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタリスト

思考を暗所で常温保存

kindle本『幻覚少女』無料キャンペーン 結果報告

 
どうも
 
友人らと「99年耐久桃鉄」を企画し実行したものの、
一晩中プレイして16年しか進まず涙目だった僕です
 
午前4時半のボンビラス星が目に沁みました
 
 
さて
 
前回の記事でお伝えしました拙著『幻覚少女』ですが
5日間の無料キャンペーンを実施しましたところ
おかげさまでKindle無料ランキングで最高2位にランクインしまして
有料に戻った現在も日本文学のランキングで2位につけております
 
ダウンロードしてくださったみなさま、本当にありがとうございます
 
今回は
ちょっと突っ込んだところまでお話していこうと思いまして
 
つっこんだ話というのは、ずばり
「いくつダウンロードされるとランキングに載るの」
というお話です
 
でも
これって公表していいんかなぁと思って調べてみたところ
 
Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)を通じて個人出版を行う作家たちによる架空の出版集団 「電明書房」のメンバーでもある佐藤貴明さんがブログでこんな記事を書かれていて  

 

Kindleで2000冊以上売りました!(そして、そこから見える○○) 
 
 
端的にまとめますと
 
「販促目的で貸し出し数、ダウンロード数などを良いニュースとして他の人と共有する場合、公表を禁じることはない」そうです
 
 
ということでいいニュースとしてダウンロード数を公表していこうと思います
 
Kindleダイレクトパブリッシングでは、月ごとにダウンロード数の合計がレポートされています
私の『幻覚少女』のダウンロード数は
 
7月 無料配布数 779冊(3日間)
8月 無料配布数 282冊(2日間)
合計      1061冊
 
でございました
 
 
 
無料に関して言えば
一日200冊程度ダウンロードされますと確実にトップ10に載ると思います
これはAmazonからのレポートをビビリながらこまめに見ていた私が言うのでたぶん間違いないです
 
有料に関しては、一日100冊程度ダウンロードされれば確実に100位以内に入ると思います
あまり公表しすぎるとAmazonへの不利益をもたらしたとみなされるのではということで、
「このダウンロード数でこの順位に載った」という数字をはっきりと出す事は控えるのですが(ビビリ
 
 
Kindleの市場規模は現状ではこのくらいです 

 

あまり広いとは言えないと思いますが、Kindleの大きな強みは

Kindleアプリをダウンロードすればスマートフォンで読める」ということです

 

Kindle端末の普及率はかなり低いですが、

スマートフォンの普及率はもうすぐ5割に到達するそうですから、

他の電子書籍サイトにくらべ、

Kindle書籍の販売数は、これから確実に伸びていくのかなと思います(Amazonさんチラッ)

 
作品を書いているのだけどどこで公表しようか迷っているという方は
ぜひ、思い切ってKindleで出版されてはいかがでしょうか(もう一回Amazonさんチラッ)
 
ということで
Kindle作家見習い根本聡一郎からのレポートでした
 
『幻覚少女』、今日も元気に100yenで販売中です 
よかったら読んでみてねっ

幻覚少女

幻覚少女